わやブログ

男31歳。☆予定:2021年3月ごろに女の子が生まれます。音楽と簿記と2次元が好き。ブーツはRedWingです。

あなたは日常派?それとも非日常派?それとも...

お題「ささやかな幸せ」

ボクは非日常を求める日常派です。

なんじゃそりゃって感じですよね。

 最近、特に自粛期間中に「俺って何なんじゃろ?」

と思うことが多々あります。

鬱とかそういうんじゃなくて。

 

きっかけはあんまり覚えてないのですが、

たぶんプチブームの自己啓発の作品によく触れているからだと思います。

ボクはプロのミュージシャンでもないですし、

何かの権威でもない。発明家でもありません。

普通のよくいる男性です。

自己啓発の作品も数に当たればだいたい言っていることは一緒で、

人生とは何なのか?という疑問をぶつけてくる訳です。

「普通の人の幸せ」とは?

 

そもそも自己啓発にハマるきっかけが「ブラック企業への転職」でした。

終わらない残業、馴染めないスタッフ、上司からの暴言。

最悪でした。

当時のボクは結婚を控えており将来の事を考えて、

「給料は少ないが好きな仕事」を辞めて「とりあえず有名で無難な給料の仕事」

への転職して新生活に打ち込もうと思っていました。

しかし現実は上記の通り。

家でも暗い雰囲気を漂わせてしまい、陽キャな嫁を困惑させていました。

完全に「悪い非日常」だったと思います。

何とか良い方向へ軌道修正したいボクはどうにかもがいた末、

自己啓発の作品と出会う訳です。

結果からいうと人事に相談し、

異動することでようやく「日常」に戻ったのです。

今思えば悩まずに行動すれば良かったのに、

災いの渦中にいると何をしたらいいのかさえ分からなくなる事を知りました。

そのころから「幸せ」について意識するようになりました。

 

別の話で、今年フリーランスで成功している友達と食事をしてる時、

彼の年収や仕事、ライフスタイルを聞いて心底羨ましいと思いました。

彼とは年の差は少しあるけれども気兼ねなく本心で話せる関係なので、

率直に「すごく幸せそうだ」と伝えました。

彼は「フリーランスも大変」と言いながら肯定しつつ、

ボクの生活も幸せそうだと言ってくれました。

何の気ない一言でしたが衝撃でした。

【ボクには無いけど彼にはある】としか思っていなかったものが、

【彼には無いけどボクにはある】と気づいたからです。

無いものねだりをしているうちはまだ土台ができていない、

今あるものを大切にしていく事が大事なのです。

 

ボクは今が幸せです。

家族がいて、バンドもしていて、もうちょっとで子供も生まれる。

それだけで幸せです。

非日常も期待しないこともないですが、

それが「良い非日常」か「悪い非日常」かはその時になってみないとわかりません。

何にしても日常とは違う高低差は絶対生まれます。

平凡な日々が幸せと感じる今日この頃です。

~FIN~