わやブログ

男31歳。☆予定:2021年3月ごろに女の子が生まれます。音楽と簿記と2次元が好き。ブーツはRedWingです。

よくよく考えたらシャレにもならない

最近どうも過去を振り返る事が多くなった筆者です。

いろいろあったなぁ~。

...なんてカワイイ事件だけではありません。

完全に自分主観でシャレにならんかったなっていう事項を

最近のコロナ問題から逆行して振り返っていきます。

まずはコロナ問題(2020年)。

誰が予想したでしょうかこんな事。

たかだか半年前には気にもしなかった事ですが、

いまや世界的な災害となっています。

間違いなく教科書に載るレベルのニュースですので、

社会の授業とかで取り上げられる日が来るのでしょう。

しかも何が怖いって、まだ解決していない事。

今日本ではだいぶ落ち着きを取り戻していますが、

いつまで続くのか?

 

一つ遡り、西日本大豪雨(2018年)。

比較的平和な西日本が未曽有の豪雨に見舞われた事件です。

なにがビックリしたかというと、

時期は夏でしたが台風とは関係がなく

ただの爆弾低気圧でおこった災害だったからです。

当時倉敷という街のショッピングモールで働いていたボク、

お客さんやスタッフのスマホからアラートが常に鳴り響く異常事態。

倉敷の横の真備町というところは浸水し死者もでてしまい、

ボクの友人も命こそあったものの実家が流されてしまうという

不幸が起こりました。

災害に慣れていないため、

用水の濁流を見に行ってしまい、

そのまま流されてしまったという事故が何件もあったらしいです。

あと雨がひど過ぎて、ある工場のシステムがイカれてしまい

そのまま工場が爆発するという事故も起きてしましました。

ボクもその音を聞きましたが、

かなり距離があったはずなのに鮮明に聞こえました。

その爆発で先程紹介した友人とは別の友人は、

命こそ無事でしたが、実家が吹き飛んだということです。

 

そして忘れてはならない東日本大震災(2011)。

ボクは地震が起こった3月11日に仙台に行こうとしていました。

結果として行かなかったのですが。

当時プロを目指してバンド活動をしていたので、

そのツアー日程に仙台が入っていたのです。

しかし同日3月11日に尊敬していた地元の先輩のバンドの解散ライブに誘われ、

そちらを優先させて11日には地元岡山に帰ってきていました。

ちなみに前日の10日は東京の公演がありました。

今でもゾッとする思いです。

ボクは11日の早朝に実家に帰り、

睡眠をとっていたときに母親が心配して声をかけてきました。

仙台に行くかも...くらいあいまいな報告だったのですが

当時からするとどれだけ心配をかけたでしょう。

この地震からの津波、そして原発、最悪としか言いようがありません。

 

ざっと10年の間に起こった、

自分が体感した大きな事件を思い出してみました。

たった3つですが爪痕は深すぎます。

平和な世の中が続きますように。

~FIN~