わやブログ

男31歳。☆予定:2021年3月ごろに女の子が生まれます。音楽と簿記と2次元が好き。ブーツはRedWingです。

人生100年時代というのは本当か?

長寿大国ニッポン。

確かにボクの住む岡山も

若者で活気があるというより、

ご老人が細々と暮らしている

というイメージ。

 

人生100年時代っていわれてますけど、

この内約ってどういう事なんでしょうか。

以下で超個人的かつザックリまとめてみます。

 

①0歳~22歳   学生期(高卒だったり大卒だったり様々あるので個人差あり)

②22歳~65歳  社会人期(これも早期リタイアなど個人差あり)

③65歳~100歳 老齢期

 

ボクが思う限り一般では、

この3段階しかありません。

 

これを見ると、

圧倒的に「社会人期」のゾーンが

大きいです。

それもそうでしょう。

 

「学生期」は文字通り学生。

勉強が本文ってやつですね。

年も若いし勢いもある。

あと親も若いので生活を

自分自身でしなくても何とかなる。

経験や知恵もまだ半ばなので、

ドンドン学べる。

というメリットでしょうか。

 

デメリットはごく一部を除いて

「お金がない」ということでしょうか。

親の手助け必須ですね。

 

「老齢期」に関しては学生期の真逆。

お金と時間はあるけど、

ブッチぎる勢いみたいなのは

どうしても出しづらくなるのではないでしょうか。

まだこの時期に達してないので

実感はありませんが。

 

そして社会人期。

今のボク。

人生における一番長いゾーンに

入っています。

ぶっちゃけて一番事件が多いゾーン。

 

就職して自力でお金を稼ぐ。

結婚して家族が出来る。

奥さんが出産して家族が増える。

....まだまだあります。

 

正直この「社会人期」を

イコール社畜労働生活という風に

ネガティブにとらえていたのですが、

体力もそこそこあってお金もそこそこある

このゾーンをいかに楽しめるか。

という風に考えるようになりました。

 

名前がよくないのかもしれませんね。

ボクはまだ会社勤めの身分ですが、

会社が人生の主軸ではありません。

家族だったり、趣味だったり、学びだったり

と面白い事が多いこのゾーン。

 

なので「何でもできる期」という風に

ポジティブにとらえています。

 

なので定年雇用を意識した会社主軸の考えなら

22歳から65歳は「社会人期」。

その後が老齢期。

 

ボクのようにいろんな所に自分を置き、

それぞれゲーム感覚で楽しむ考えなら

22歳~100歳まで「なんでもできる期」。

 

88年間何でもできるんです。

お金も増やせるし、趣味に没頭できる、

 

「100歳のプロボクサー」

 

なんて面白いかもしれません。

 

まあ何が言いたいかっていうと

嫌でも絶対歳はとるので

その時その時を楽しんでいかないとねってことです。

 

65歳で死にたくないんです。

~FIN~